努力する人・怠ける人

2015-06-16

「努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る」(by 井上靖)

 

人間の本質は怠けたい者であると思っています。

でもそれでも努力し続ける人もいます。

その違いって何なのでしょうか?

 

怠けている人は面倒くさがって何もしないというだけでなく、何かに対して不平不満ばかり抱き、他人のせい、会社のせい、周りのせいだと嘆き、腹を立てる。

出来ないことを、忙しいから時間が無いからと言い訳でごまかす。

過去ばかり振り返り、自分自身のあり方を振り返ることもなく、文句ばかり言う。

そして、現状から逃げる。逃げた先でも同じことを繰り返し、また逃げる。

 

努力する人は、今何が必要なのかを判断し、自分自身で行動に移す。

自分が行動することによって、良くなるであろう未来に希望を抱く。

時間がないことを言い訳にせず、時間は自分で作り出すものだということを知っている。

現状から目をそらさず、逃げずに立ち向かう。

 

でもやはり、人間の本質は怠けたい者であると思っています。

私も人間ですから、怠けたいという思いが顔をだすこともあります。

でも現状から逃げ出さず、立ち向かう努力する人でありたいと思っています。

その成果は必ず結果となって、未来に現れると思うのです。

 

井上


Copyright(c) 2010 Office Kanade corp. All Rights Reserved.
マイクロソフトおよびマイクロソフト・オフィス・ロゴは、米国およびその他の国におけるマイクロソフト・コーポレーションの登録商標です。