教材開発部スタッフブログ

答えは一体?

2015-08-26

先日、滋賀県の大津港にて開催された
「肉サミット」という地域イベントに出向きました。

B級グルメ、ゆるキャラ、地域商品券、ふるさと納税など、
地域資源を有効活用することによる町おこしが盛んになっています。

当社が運営する教室でも、新規受講生を集客することにプロモーションを行いますが、 周辺地域の潜在的受講生が、教室まで足を運んで下さるまでにはいくつかのアクションがあります。

①チラシ等の宣伝媒体を手にする、またはホームページを検索しようとする。
②チラシやホームページにざっくりと目を通す。
③宣伝内容に興味関心を示される
(興味関心がない場合、ここでアクションは終了)
④教室へ電話での問合せをする
(興味関心があっても、電話問合せに至らない場合③でアクションが終了しているのと等しい)
⑤無料体験学習と説明会参加

ここで私が着目するのは、③の宣伝内容に興味関心を示された方が、
④の電話問合せをするというアクションにまで至らないケースです。

なぜ、④のアクションが活性されないのでしょう。

興味関心を抱いても、「電話問合せするのは面倒」、「また時間のあるときに」など、
そこにニーズ(それを欲しているが消費者の方でそれが満たされていないもの)はあるが、
③から④にいたるまでの「道」がない、もしくはそれがハッキリとした道として認識できない、また、「あと1つ背中押されるもの」がない、もしくはその力が弱いのではないかと考えます。

私は、市や周辺企業といった集団が、「肉サミット」という地域イベントの開催を通じ、
市は周辺地域に、周辺企業は自社に、一体、どのような便益をもたらそうとしたのか、
その狙いや目的というものが必ずあるだろうと考えました。

食肉を取り扱う業者や、さらに上流工程の生産者側が
ブース出店する1つの理由は「地域ブランドの浸透」だと思います。
いうなれば、「知名度向上による売上増と地域経済の活性」が
その1つだろうということまでは考えました。

しかし、市や周辺企業は一体…

ただ、私がこれまでと同様、今後も考えていかなければならないことは、
潜在的受講生に対する、上記③から④にいたるまでの「道作り」と「あと1つの背中押し」。

多くの人が来場していた「肉サミット」のような大盛況ぶりを見せる教室にしていかなければと、石垣島きたうち牧場のプレミアムバーガーを、1つまるごといただきました。

DCIM1142

中嶋


Windows10の使用感

2015-08-07

少し前になりますが、Windows 10の無料アップグレードが遂に提供されましたね。

私が主に家で使用しているパソコンは、2台あります。

一つは、Windows7が入っているデスクトップパソコン。

もう一つは、2in1ノートパソコンのSurfacepro3です。

この時の為に、Surfacepro3を購入していましたので、一昨日にWindows10にアップグレードしました。

まだ少ししか使用していないのですが、Windows10を使用した感想は、タッチパネル式のパソコンにこそ真価を発揮するOSだな、と感じました。

不評だと言われた8に比べ、大分7よりなインターフェースになっていますが、そこは8の進化系の10です。

8の悪いところはそぎ落とし、8の良い部分は引き継いでいます。

8の良い部分=タッチパネルを意識したインターフェースなので、タッチパネル式のパソコンではない、もう1台のデスクトップパソコンは、しばらく7のままで良いかな、と思っております。

高倉


あさがお

2015-08-06

小学校の夏休みに入り、小学1年生の長男が学校で育てていたあさがおの植木鉢を持って帰ってきました。
毎朝水やりを欠かさず続け、昨日までにたくさんの花を咲かせてきましたが、今朝はなんと一度に4輪も花を咲かせていました。
今までは多くても1日に2輪だったので、子供は「すげー!4つも咲いてる!」と大興奮でした。

あさがおの観察といえば、小学1年生の夏休みの宿題で定番だと思います。
ところで、なぜ「あさがお」なのでしょうか?

それには理由があるようで、
・日光と水さえあれば、栄養素がそれほどない土でも成長するので育てやすい
・成長の途中において、大きく形を変えていく植物なので、日毎に成長をとげるため観察対象として最適
・ちょうど朝咲いているので、朝起きる楽しみになる
ということだそうです。

つまり、毎日休まずに世話を続けていると、多くの気付きがあり、自分の成長にも自然と気付ける植物として、あさがおは適しているんですね。

ちなみに「あさがお」の花言葉は、
・はかない恋
・固い絆
・愛情
です。

現在、私はもう1名の教材開発部のスタッフと力を合わせてコンテンツ動画を作成しています。
これからも力を合わせて、受講生にとって「わかりやすく」「楽しい」コンテンツ動画を作成していきます。

 

寺内


インターネットの影響?

2015-07-17

前々回のブログで、ピケティの「給料の伸びよりも株や不動産などの資産が生み出す利益の方が大きい」という話が出てきましたので、今回はそれに乗じて、なぜそうなったのか?という私個人の見解を述べようと思います。

「労働より、お金がお金を生む」

このような図式が出来上がった原因の一つに、私はインターネットの普及・発達による所が大きく関わっているのではないかと考えております。

何故なら、お金は流動性のある場所を好む、水のようなものだと思うからです。

一昔前は株やFX・先物などの金融商品は、個人が参入するには敷居が高く、個人の資金とはあまり縁の無い存在でした。

それが、インターネットの普及・発達により取引が手軽になり、取引の方法・成功体験などの情報もネットを通じて共有されやすくなりました。

そうなると、株や先物など金融商品の取引に対する敷居が一気に下がります。

個人の資金と金融市場の水路が整備されたことで、今まで銀行などに溜まっていた個人資金が金融市場に流れ込み、金融商品に大きな流動性が生まれました。

金融市場に沢山のお金が集まることで、ヘッジファンドなど機関投資家が、より大きな利益を生み出せるようになり、さらにその莫大な利益が、富裕層など大口の顧客に分配されていき、お金がお金を生むサイクルに拍車がかかっていった・・・これが、ネットの普及・発達がピケティの式に大きく関わっていると思う私の見解です。

しかし、ここまで言っておきながら、私自身ピケティのことは雑誌の紹介などでちょっと見ただけで、詳しいことは知りません。
ネットの発達でこうなったと証明する資料などは何もないですし、ここまでの仮説は全て私個人の勝手な想像になります。

身近になったインターネットですが、こうやっていつもと違う視点から見てみるのも面白いなと思います。

 

【PR】かなり強引ですが「インターネットをはじめよう講座 入門編」「快適にインターネットを楽しもう講座 基礎編」絶賛開講中です。

※この講座は株取引を勉強するものではありません。インターネットの基本的な使い方や、便利な使い方が学べる日常的に使える楽しい講座となっております。
興味のある方は是非教室へ。

高倉


成長

2015-07-16

弊社では、人事評価制度における振り返り面談が定期的に行われます。

本日は4月から6月の振り返り面談と、7月から9月の目標設定面談をしていただきました。

この3ヶ月の振り返りを簡単に表すと、『失敗』です。

 

しかし、この『失敗』がさっそく7月に活きています。

 

『失敗』から何も学ばなければ、それは『失敗』である。

しかし、『失敗』から何か学びそれを活かせれば、それは『成長』である。

 

初めから全て事が運ぶことはなく、誰でも『失敗』をしてしまいます。

しかし、その『失敗』が成長の糧になるのであれば、

同じ10回の『失敗』をするのであれば、

1ヶ月に1回、10か月に分けて『失敗』するよりも、

最初の1ヶ月に10回『失敗』する方が、より早く『成長』することができるのではないでしょうか。

 

この経験を活かし、『失敗』を恐れず幅広い業務に取り組み、『失敗』をたくさんして自分を成長させていきます。

 

寺内


一つだけのノート。

2015-06-19

最近、Microsoft Officeのソフト「OneNote」をちょくちょく使う機会が増えました。
今までOfficeソフトでは、ExcelやWord・PowerPointなどはよく使っていましたが、OneNoteはほぼスルーしていました。
その理由は、情報の記録にはEvernoteの方が遥かに使い勝手が良かったから・・・なのですが、やはり、Officeソフトの勉強をしなければ、という思いで使う事にしました。
・・・というのは冗談で、Surfaceを購入した事で、OneNoteを活用できる幅が広がった、というのが本音です。
また、OneNoteはスマホでもアプリとしてもリリースされていますので、異なるデバイス間でも情報を共有する事ができます。

興味がある方は是非。

高倉


成長

2015-06-18

私には子供が2人おり、両方とも男の子(長男:小学校1年生、次男:保育所年長)です。

長男は昔からよくしゃべる方で、仕事から帰った私に『その日の出来事』を一生懸命話してくれます。
次男はというと、電車が大好きで、電車のDVDを見たり、電車のおもちゃで遊んだりして自分の世界に入り込むタイプです。

昨日、そんな次男が、めずらしく『その日の保育所での出来事』を話してくれました。
内容は、今週の金曜日に行われる、「デーキャンプ」という行事についてでした。

「デーキャンプ」は、保育所の中でも年長クラスだけが参加でき、カレーを作ったり、キャンプファイアーをする行事です。(自分のときは、”お泊り保育”だったかな・・・)

次男の言葉そのままですが、
「デーキャンプで作るカレーの買い出しに、自分から立候補してんで。明日買い出しに行くねん。」
と、目をキラキラさせながら話してくれるのです。

「立候補」という難しい言葉を知っていたことに驚きがありましたが、何より『その日の出来事』を言うようになったことに父親として『うれしさ』と『成長』を感じました。

しかしその後はいつも通り、電車のおもちゃで遊んでいましたが・・・

子供の成長に自分も負けていられません!
子供は周りの人間(家族・友達など)からの情報を吸収して”成長”していきます。
「勝手に」という感覚でしょうか。

しかし、大人は「勝手に」は成長しません。20歳~30歳までに身体的な成長のピークが来て、以降は「勝手に」成長しなくなります。
精神的な成長のピークには個人差があるでしょうが、自分が努力を惜しまない限りピークを後ろに後ろにずらすことができると思います。

新しいことを初めてみるのも良いでしょうし、今までしたことをさらに追及してみるのも良いでしょう。
昨日は、自分自身の”成長”を考えさせられた一日でした。

ちなみに、2、3年までは2人を同時にダブル抱っこできましたが、最近は2人とも体重が増え、もうダブル抱っこなんてできません!

 

寺内

 


Surface Pro3を購入しました

2015-06-12

最近、円安の影響が顕著に出てきており、SurfaceProも6月に入いって値上がりしました。

私は、値上がりする直前にSurfacePro3を購入しました。

今更ですがプライベートパソコンで、初めてSSDを導入したのですが、やはり快適です。

電源スイッチを押し、2-3秒たっただけでもう起動しています。

SurfacePro3の使い勝手も良く、ノートにちょっとメモ書きをするような感覚でタッチペンが使え、まさに私が求めていたデバイスです。

MicrosoftがWindows10で導入する新ブラウザ「Edge」にも、WEBページに手書きメモができる機能も搭載されるらしいので、今後さらにデジタルとアナログの融合化が進むことが予想されます。

なので、タッチペンが使え手軽に使用できるSurface Pro3をWindows10にアップグレードすることで、デジタルとアナログ両者の良いところどりができる恩恵を、フルに受けられると期待しています。

スマホ市場でappleやGoogleに遅れをとったことが、Microsoftが攻めの姿勢に転じなければならなかった原因だと思いますが、今後、眠れる獅子がどうでるか、とても興味深いところです。

高倉


Windows10の発売日が決定しました

2015-06-10

◆Windows10◆

2013年10月18日より提供されたWindows8.1の次期OSにあたる、「Windows10」が7月29日に発売されます。

 

主な変更点は・・・

・スタートメニューが大きくなって帰ってきた

・最大 4 つのアプリを並べて表示し、やりかけの仕事をすべて 1 つの画面で確認できる

・Windows ストアの統合

(PC、タブレット、スマートフォン、さまざまなデバイスから Windows ストアに

 アクセスし、優れたデジタル コンテンツを手軽に購入することができる)

・Windows Media Centerが削除される

・DVD再生には専用ソフトウェアが必要になる

・USBフロッピードライブがデフォルトではサポートされない

などです。

 

パソコン・タブレット・スマートフォンなど、さまざまなデバイスと連動させることができるようになるので、今後はタブレット・スマートフォンなどの操作方法以外にも、それらを連動させる方法も身につけるべきでしょう。

 

寺内


携帯の二台持ち

2015-05-19

私は、今流行(?)の携帯の2台持ちというやつをしています。

1台がネット専用に使うスマホで、もう1台は通話専用としてのガラケーです。

2台持ちにして月々のコストはかなり抑えられてるのですが、問題が一つ。

今までは、意識を向ける対象が1台だけでよかったものが、2台持つ事で意識が2つに分散されてしまう、という事です。

それにより、通話をあまりしないガラケーは一日中見ない事も出てきて、たまにかかってくる着信も次の日まで気づかない・・・という事も頻繁にでてきました。

音声通話対応のMVNOにしてもいいのですが、スマホのバッテリーが今以上に減りが早くなるので悩みどころです。

高倉


« Older Entries Newer Entries »
Copyright(c) 2010 Office Kanade corp. All Rights Reserved.
マイクロソフトおよびマイクロソフト・オフィス・ロゴは、米国およびその他の国におけるマイクロソフト・コーポレーションの登録商標です。