藤沢商工会議所パソコン教室

藤沢商工会議所パソコン教室

「見せるエクセルテクニック講座」の練習問題をご紹介

皆さんはExcelでグラフを作る際に「見せ方」にこだわっていますか?
もともとグラフというものは、たくさんの数字の推移を視覚的に分かりやすく比較するためのツールです。
少しでも分かりやすく見やすい体裁を整えられるといいですよね。

 

そこで今回は「見せるエクセルテクニック講座」で練習する問題を一つご紹介いたします。

 

 

上部の表では、スパークラインを使用してセルの中に折れ線グラフや縦棒グラフを表示し、最大値と最小値にマーカーを設定しています。

 

左のグラフでは、区分線を設定し、より視覚的に増減が分かるようにしています。さらにデータラベルを活用して、グラフ内の一つの項目に数字を表示させています。

 

右のグラフでは、塗りつぶしを単色ではなく画像に差し替えています。

 

今回紹介した問題のように、グラフは様々な設定をすることができます。グラフ自体は自分で分析するために作るということもあるでしょうが、人に「見せる」ために作る事の方が目的としては多いのではないでしょうか。説得力あるグラフの作成はちょっとした工夫で十分に作成可能です。

 

「見せるエクセルテクニック講座」は、より分かりやすく視覚に訴えられるようなグラフ作成の練習をする講座です。興味のある方はお気軽にお問い合わせください(^_^)/

ページのトップへ