藤沢商工会議所パソコン教室

藤沢商工会議所パソコン教室

ネットワークの種類の違い

外部から自宅のパソコンにリモート接続するとき、設定されたネットワークの種類によっては接続できないことがあります。

原因はファイアウォールの設定が異なるためです。

ネットワークの種類は、プライベートネットワークパブリックネットワーク2種類あります。

 

プライベートネットワーク

家庭内や社内など、プライベートな空間でネットワークに接続するときに行う設定です。
この設定にした場合、相互に通信できるように、ファイアウォールの設定でファイル共有やリモートデスクトップなどの接続が標準で許可されています。

パブリックネットワーク

公衆無線LANやホテルのネットワークなど、多数の第三者が利用しているネットワークに接続するときに行う設定です。
この設定にした場合、ファイアウォールの設定が厳しくなり、ファイル共有やリモート操作による接続ができません。

 

 ネットワークの種類を確認する方法 (Windows 10)

① 画面右下の通知領域のネットワークアイコンを右クリックします。

② [ネットワークと共有センター]を選択します。

③ [ネットワークと共有センター]が開き、ネットワークの種類を確認できます。
ネットワークの種類を確認する方法

 

 ネットワークの種類を切り替える方法

ネットワークの種類を切り替える方法

① [設定]→[ネットワークとインターネット]の順にクリックします。

② 画面左側のメニューから、[イーサネット]または[Wi-Fi]を選択します。

③ 接続済みのネットワークをクリックします。

④ [このPCを検出可能にする]画面が表示されます。

現在「オン」の場合はプライベートネットワーク。「オフ」の場合はパブリックネットワークに設定されてます。オン/オフを切り替えることでネットワークの種類を変更できます。

ページのトップへ