藤沢商工会議所パソコン教室

藤沢商工会議所パソコン教室

うっかり上書き保存を防ぐ方法

仕事関係で数人で確認するようなWord・Excelファイルを渡されたとき、ついうっかり上書保存してしまった、なんてことはないでしょうか?

本日のブログでは、そんなミスを防ぐための知っておくと得する方法をお伝えします。

 

ミスを防ぐための方法

うっかり上書きするのを防ぐには、あらかじめ元のファイルとは別のファイルとして開くのがおすすめの方法です。

別のファイルとして開く方法として、[コピーとして開く]機能が便利です。

使い方は[ファイル]タブから[開く]を選択します。

ここで開きたいファイルを選択したあと、[開く]ボタンの右側の▼をクリックします。

 

 

いくつか選択肢が出てきますので、[コピーとして開く]を選択します。

 

コピーとして開く

これを行うと、元のファイルと同じ場所に別でコピーが作成されます

上書き保存をしても、元のファイルはそのままの内容で残ります

コピーとして開く方法なら、元ファイルを開いたあとにまずは名前を変えて保存しておくという手間も不要で、ついうっかり上書保存してしまったというミスも防げます。

機会があればぜひ使ってみてくださいね^^

ページのトップへ