むさし府中商工会議所パソコン教室

むさし府中商工会議所パソコン教室

サイバー攻撃からの予防と対策

サイバー犯罪とは、コンピュータや通信ネットワークを用いて行われる犯罪の総称です。手法としてはインターネットを利用して特定の組織や集団、個人を狙ったものと不特定多数を無差別に攻撃するものがあり、フィッシング詐欺、架空請求、不正送金、著作物の不正コピー、偽ブランド品・禁止薬物・わいせつ物の販売、掲示板・SNSでの名誉毀損や業務妨害、脅迫などがあります。
ネットを安全に利用するために架空請求される犯罪の対策を紹介します。

 

●フィッシング詐欺の対策
普段よく使っているネットバンキングやカード会社のログイン画面とそっくりの画面を表示して、ログインしてしまうと、その情報を元に銀行口座やクレジットカードが勝手に使われ被害を受ける詐欺です。
セキュリティソフトを導入し、知らないメールやお知らせなどメールでリンクが届いた場合は差出人を確認しむやみにクリックしないことです。

 

●ワンクリック詐欺の対策
リンク箇所をクリックしてしまった瞬間に個人情報を把握しているかのような画面が表示され、入会金や会費などの支払いを迫ってくる詐欺です。
基本的に無視するだけで撃退が可能です。
「連絡してください」としきりに表示されますが、そうでないとお金をだまし取ることができないからです。

 

●ネット通販、オークション詐欺の対策
代金を振り込んだにもかかわらず、商品が届かず連絡も取れなくなる詐欺です。
これらの詐欺には中国系の詐欺集団が指摘されており、振り込み先が中国名の場合やサイトに表記されている日本語がおかしいことなどの特徴があります。
こうした詐欺に遭った場合は、なるべく早く警察と振り込みをした銀行に相談してください。

 

●偽セキュリティソフト詐欺
ネット上のサイトを閲覧していると「あなたのパソコンはウィルスに感染しています」と表示されたり、音声で警告が流れたりすることがあり、偽ソフト購入に導く詐欺です。
恐ろしいのは、偽ソフト購入被害に加え、そこで入力したクレジットカード情報が盗み取られ、二次被害に発展することです。
こうしたメッセージは警告を無視してブラウザを閉じれば大丈夫です。
中には何度閉じようとしても繰り返し表示されるものもありますが、そんなときはタスクマネージャーを起動して、強制的にブラウザを閉じましょう。
1.タスクバーの何もないところを右クリックし「タスクマネージャー」をクリック。
2.タスクマネージャーの「アプリ」の中から対象のブラウザを選び、「タスクの終了」をクリックし完了です。

 

ウィルスから身を守るために、日ごろから対策をしっかりとしていくことが大切ですね。

 

ページのトップへ