むさし府中商工会議所パソコン教室

むさし府中商工会議所パソコン教室

ノートパソコンの熱対策

ノートパソコンを長時間使用していたら、驚くほど熱くなった。という経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。
熱くなったノートパソコンをそのまま使い続けているとトラブルや故障の原因にもなります。

トラブルの原因は色々考えられますが症状の一例としては以下のようなことがあります。
作業中のソフトウェアが固まる。
急に再起動がはじまる。
マウスやキーボードが停止する。
パソコン内部の温度を下げようとするために冷却ファンの音が大きくなる。などがあります。

そんな時、対処方法を知っていると慌てなくてすみます。
今からでもすぐにできる対処方法を紹介します。

ノートパソコンを少し浮かせる
底面と本体のあいだに熱がこもりやすくなるため、底面の四隅に台を置き通気をよくすることで熱をこもりにくくします。

発熱量を減らす
CPUの負担を少なくするため「節電モード・省電力モードに設定」「画面の明るさを落とす」「グラフィックの設定を低解像度にする」に設定することで発熱を軽減できます。

部屋の温度を下げる
ノートパソコンが熱を持つ原因のひとつとして、周囲の温度も関係してきます。
夏は「エアコンを使う」「扇風機をノートパソコンに当てる」「日が当たらないようにカーテンをする」
冬は「暖房の設定温度を少し下げる」など、部屋の温度が高くなりすぎないようにします。

絶対にしてはいけないことは、保冷材で冷やすことです。
一気に冷やせそうな気がしますが、急激に冷やすとパソコン内部に水滴が発生し逆に故障の原因になります。

日頃から熱がこもらない工夫とパソコンのより良い環境と熱対策をし、快適に使ってください。

ページのトップへ