むさし府中商工会議所パソコン教室

むさし府中商工会議所パソコン教室

バレンタインの多様化

今日、2月14日バレンタインデーですね。

 

バレンタインデーは英語で「Saint Valentine’s Day」といい
聖バレンタインの日」という意味になります。

 

バレンタインというのは3世紀にローマで殉職した司祭の名前です。
古代ローマの時代、当時の皇帝は「士気が下がる」という理由で
兵士の結婚を禁止したと言われています。
 
そんな中、バレンタイン司祭はひそかに兵士たちを結婚させていました。
それを知った皇帝はバレンタイン司祭を処刑したとされています。
 
その処刑された日が2月14日。
つまりバレンタインデーはバレンタイン司祭の殉職した日なのです。

 

日本のバレンタインデー

では「女性が男性にチョコレートをあげる日」になったのはどうしてでしょう?

 

現在の形のバレンタインデーになったのは
昭和30年代に入ってからのことだといわれています。
 
1958年2月メリーチョコレートは「バレンタインセール」を行いました。
また森永製菓やソニープラザなどもチョコレートの販売を促進する動きはありました。
けれど当初はそれほど広まらなかったそうです。
 
しかし1970年代前半になると
バレンタインデーにチョコレートを贈る習慣が学生の間で広まり、
更に1980年代後半には主婦層まで広がりました。
そして「義理チョコ」、「ホワイトデー」が登場します。

 

 

バレンタインの多様化

しかし近年、日本ではバレンタインの用途や目的が多様化しつつあります。
 
今どきの中高生にとっては男性に告白する本命チョコより
女友達との友チョコ交換がメインになっています。
 
20~30代の女性にいたっては友チョコだけでなく
自分自身へのご褒美チョコを購入する方も増えています。

 

また、「モノ」から「コト」への消費価値の変化などがあげられます。

 

特に体験を重視する「コト消費」は
日常の出来事を共有できるSNSと親和性が高いことから
今シーズンのバレンタイン商品や販促策は
各社「フォトジェニック(SNS映え)」となっています。

 

百貨店のバレンタイン特設会場では
バレンタインデー限定商品を出すだけでなく
会場内にフォトブースを設置していたり
ショコラティエによるトークショーなどを行っているところもあるようです。

 

またバレンタインデーが盛り上がるのは製菓メーカーだけではありません。
 
北海道の千歳水族館では食品サンプルのイチゴのケーキや板チョコ、
ドーナツを配置した「スイーツ水槽」を期間限定で展示していたり、
東京スカイツリーも2月13日、14日限定でバレンタインカラーにライトアップ。

 

更には宝くじのグリーンジャンボもバレンタインジャンボに改名し、
特設会場でバレンタインジャンボを購入すると
バレンタインジャンボパフェが当たるキャンペーンなども行っています。

 

好きな人に愛を伝える日」から
日頃の感謝の気持ちを伝える日」に変わりつつある
日本のバレンタインデー

 

みなさんはどのように過ごしますか?

ページのトップへ