むさし府中商工会議所パソコン教室

むさし府中商工会議所パソコン教室

匿名なのになぜ「SNS」で身元が分かるのか?

皆さんはSNSを使っていますか?

SNSはソーシャルネットワーキングサービスの略で、代表的なサービスとしてFacebook、Twitter、Myspace、LINE等がありあます。

SNSの中には必ずしも実名を晒す必要のないものが多く、匿名で手軽に投稿できるという利点があります。

 

匿名なのになぜ?

しかし、昨今こんなニュースを見かけたことがありませんか?

「SNSを使った脅迫の容疑で逮捕」

匿名なので身元がバレないという思い込みから、つい他人を中傷したり、脅迫的な内容を投稿しても大丈夫という気分になってしまうのかもしれません。

しかし、匿名なのにどうやって身元が分かるのでしょうか。

 

①誰かに晒されるケース

SNSに限らずネット上での投稿は、たとえそれが本人は冗談のつもりでも、周りの人間が騒ぎ出し、絶対に本人を割り出そうとする傾向にあります

過去の投稿内容や写真、アカウント名、プロフィール、あるいはフォロー先から本人を推測すれば、学校や職場を洗い出すこともできるかもしれません。

あまりネットの世界に詳しくないと、「そこまで暇な人間がいるのか !?」と思うほどですが、そういうことが100%起こらないとは言い切れないのが現実です。

 

②脅迫文を投稿してしまったケース

脅迫文などを投稿してしまうと、警察組織まで動き出す可能性があります。

そうなると、SNS運営会社の持つ投稿した人物のIPアドレス利用プロバイダ情報捜査に使用されることになります。

IPアドレスやプロバイダの情報が分かれば、投稿者はどこの誰なのかすぐに分かりますので、身元がバレてしまうというわけです。

 

 

以上のことから、仮にSNSへ直接は身元を入力していなくても、身元がバレてしまう可能性は十分にあります

注意点さえ守れば、SNSの活用は楽しいものです。

ネットを介していても、相手は常に生身の人間であることを忘れないようにしましょう。

ページのトップへ