むさし府中商工会議所パソコン教室

むさし府中商工会議所パソコン教室

小学生向けのプログラミング学習

サイバーエージェントは5月15日、同社の小学生向けオンラインプログラミング学習サービス「QUREO(キュレオ)」が、鹿児島県徳之島町に正式に採択されたと発表しました。
自治体におけるQUREOの導入は国内初だそうです!

 

QUREOとは

同社のグループ会社で小学生向けプログラミング教育事業を展開するCA Tech Kidsと、ゲーム事業を展開するアプリボットが共同開発し、2月19日より提供している小学生向けのオンラインプログラミング学習サービスです。

 

全480に及ぶレッスンが用意されており、クリアしていくことで、If、ループ、乱数、変数など50項目におよぶプログラミングの基礎を効果的に学ぶことが可能だそうです!
ガイドキャラクターによるナビゲーションや、説明動画などが盛り込まれており、子どもが自発的・自律的に楽しみながらプログラミング学習を継続できる仕組みを採用しているので、プログラミングを始めるお子様にはぴったしかもしれませんね!

 

町全体として

鹿児島県徳之島町および、岩手県遠野市において、地域の人材を活用したプログラミング教育モデルの構築に1年間にわたり取り組んできたようです。

 

特に徳之島町では、地域住民や教職員などの計11名を対象に、50時間におよぶプログラミング指導者(メンター)育成研修を実施し、地域のプログラミング教育の担い手となる人材育成に力を入れて来たようです。

 

さらに、育成した人材を講師として、地元の子どもたちにプログラミングを教える講座を開講し、徳之島町内で継続的にプログラミングを学べる環境を整備しているとの事。

 

このような取り組みの結果、徳之島町内において、花徳小学校、神之嶺小学校がクラブ活動としてプログラミング教育を開始し、同事業を通じて育成されたメンターがプログラミング教室を開講するなど、地域で継続的にプログラミングを学ぶための環境が徐々に整ってきているそうです。

 

今後のIT社会

現在の子どもたちに、将来なりたい職業を聞くと「ITエンジニア・プログラマー」はとても人気が高いようで、とある企業が男子中学生100人にアンケートを取った所、第1位にもなったようです。

 

こうした背景や新学習指導要領で2020年度より、小学生に対してプログラミング授業の義務化などもあり、今後はプログラミングに力を入れていく企業や団体が増えていく事が予想されますね!

 

優秀なプログラマーの卵たちの成長に目が離せませんね!

 

本日はここまで!

ページのトップへ