むさし府中商工会議所パソコン教室

むさし府中商工会議所パソコン教室

IoT活用スキンケア

資生堂はIoT(モノのインターネット)を活用し、
一人ひとりの肌の状態に合った美容液や乳液を組み合わせて提供する
スキンケアシステム「オプチューン」
を開発したと発表しました。

 

オプチューンは、スマートフォンと専用機器、
効用の異なる美容液、乳液が入ったカートリッジ5本で構成されています。

 

スマホで自分の肌を撮影し、きめ・毛穴・水分量など肌状態を測定。
それとあわせ、天候や湿度などの環境データ
生理周期・気分・ストレス状況などのデータを分析し、
その時の肌に最適な美容液、乳液を1000パターン以上の組み合わせから抽出します。

 

美容に関する情報の量も急増しており、
自分にあった化粧品が分からないという悩みを持つ女性も増えています。
データをもとにアルゴリズムが判断するという仕組みを取り入れることで
そうした悩みの解決にもつながります。
将来はスキンケアだけでなく、ベースメークなどのメーキャップ製品も扱う考えです。

 

オプチューンという名前は
「Optimize(オプティマイズ)=最適化」と

「Tune(チューン)=調律する」を
掛け合わせた造語だそうです。

 

2018年春に限定販売し改良の上、早ければ2018年中の本格販売を目指しています。
価格・販売数は未定。

ページのトップへ