名古屋商工会議所パソコン教室

名古屋商工会議所パソコン教室

4/17 無人宅急便

ヤマト運輸とDeNAから、自動運転車を利用し運転席にドライバーが完全に乗らない状態で宅配便を配送する実験が4月24日に神奈川県藤沢市で実施されることとなりました。

 

この実験は昨年4月からプロジェクト「ロボネコヤマト」として、今回は初めて自動運転技術を使用した実験となる予定です。これまでの実験ではあくまでドライバーが運転し、顧客が車両の保管ボックスから荷物を取り出す仕組みであって自動運転技術を使用しての実験ではありませんでした。

 

ドライバーレスでの自動運転実験は、150mにわたり藤沢市が環境創造型まちづくり拠点としている「Fujisawa サスティナブル・スマートタウン」内の一部公道を封鎖して実施する予定で、ドライバーレスではあるものの助手席には人が乗るとのこと。あわせて、約6キロの公道でドライバーが着席した状態での自動運転走行も実施するそうです。

 

自動運転による万が一の際の責任の所在など議論が進んでいる最中ではありますが、昨今の配送会社における人材不足は深刻ですから、この取り組みにより問題が解消されると良いですね。

ページのトップへ