名古屋商工会議所パソコン教室

名古屋商工会議所パソコン教室

何度でも受講可能な「スキルアップコース・資格マスターコース」

現在、名古屋商工会議所パソコン教室では「スキルアップコース」「資格マスターコース」を開講しています。

これらコースはそれぞれ初回受講日から2ヶ月間の受け放題コースです。
通常の受講と比較して約30~40%割引されますので、短期間で一気に習得したいという方にオススメです!

もちろん資格試験にチャレンジしたいという方も大歓迎!(当パソコン教室の2017年MOSと日商PC検定の合格率は100%!)

 

しかも今なら「スキルアップコース」を受講後に「資格マスターコース」を受けられると、なんと半額に割引中です!

よくある受講料とは別にコース料金やテキスト代で授業料が水増しされて思ったよりかかった・・ということもありませんのでご安心を!資料にある受講料のみのご負担で受けられます。

学生さん、社会人の方、これから仕事を始める予定の主婦の方も、この機会に就職や転職のために資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

 

話を聞いてみたいという方はぜひ説明会にご参加ください。

・お電話の説明会予約 ⇒ 052-253-9300

・Web予約 ⇒ 説明会予約画面

にてお申し込みができます。

 

コースの詳細は下記をご覧ください。

表示されない場合はこちらをクリックしてください。

 

6/19 Google Chromeの隠し機能

インターネットで何かを検索する際、Internet ExplorerMicrosoft EdgeGoogle Chromeなどのブラウザを使用していると思います。
この中のGoogle Chromeというブラウザには、当教室ブログでも何度か話題に上っていましたが、あまり知られていない隠しコマンド隠し機能が存在します。
今回はウイルスを発見してくれる隠し機能を紹介していきたいと思います。

 

Google ChromeのWindows版にはウイルス対策ソフトと同様に、パソコンの内部をスキャンしてウイルスを発見してくれる機能があります。
検出対象は、ランサムウェアトロイの木馬型ウイルスだけでなく、グーグルが「好ましくないソフトウェア」と判断したあらゆるソフトが対象なのがありがたいですね。

 

使い方は、以下の通りです。

Google Chromeを起動します。

②アドレスバーに「chrome://settings/cleanup」と入力します。

③「パソコンのクリーンアップ」という画面が表示されますので、「有害なソフトウェアを探して削除します」の右側にある「検索」ボタンをクリックします。

 

ただし、リアルタイムでウイルスを検出するものではありませんので、これがあるからウイルス対策ソフトは全く必要がないと思わないよう、お気を付けください。

クリーンアップという言葉からはイメージしにくいですが、実用的な機能ではありますので、気になった方は試してみてもいいかも知れないですね。

 

6/18 アイフォンの歴史2

こんにちは!

先週の『アイフォンの歴史1』の第二弾です(‘ω’)ノ

ここからはみなさんも知っているシリーズが続々とでてくるのではないでしょうか?

前回に続き、6シリーズ目から☆

 

⑥:アイフォン5
→2012年に発売し、外観がガラッと変わりました!液晶も4インチと大きくなりましたが、厚みや重量は減りました!ですが、ネット上では批判が多かったようです(´・ω・`)

 

⑦:アイフォン5S
→2013年に発売し、新色のゴールドが出たことで話題を呼びまた!逆にブラックは猛烈な批判があったようですが、人気の反面というものですね(‘ω’)ノ

 

⑧:アイフォン5C
→こちらはアイフォン5Sと同時に発売を開始しましたが、カラーバリエーションが豊富でポップなカラーが印象的です(#^^#)

 

⑨アイフォン6
→2014年に発売されましたが、カメラが出っ張った形状にはアイフォンユーザーは絶望してしまったとか・・・・ですが、売上は絶好調でした!

 

⑩アイフォンplus
→アイフォン6と同時に発売された大型モデル!手に持ちにくいかも💦という意見があると思いきや、携帯はポケットではなくカバンに入れて横向きに使うという方が多く女性ユーザーも多かったようです★

 

⑪アイフォン6S
→2015年に発売され、新色のローズゴールドが登場!また、第二世代指紋認証の性能が最も大きな変化と言えますね(´◉◞౪◟◉)

 


だんだんと今年の年数に近づいてきましたね!

アイフォンが発売されてから、十数年としかたってないのにもかかわらず形は大きく変化はしなくとも性能などでユーザーを魅了してるのがわかります!

では、次シリーズは次週にお伝えさせていただきます☆それでは、本日はここまで(^^)/

6/18 次に炎上するのはどんな話題? SNS未来予測

Twitterを眺めていて予想外な人や商品一見意味不明な単語が話題になっていて困惑したことはありませんか?

テレビで芸能人が勧めた商品に飛びつくのは分かりますが、SNS上では「なぜそれが今話題なの?」と感じてしまう話題も多いのが事実です。

 

そんな予測できない今の時代、企業がマーケティングにSNSを活用するのは当たり前になっているようです。

「次にどのトレンドが話題になるか」、あるいは「何が炎上するか」は企業にとって重要な情報になります。

しかし、「未来の話題」は簡単に予測できるものなのでしょうか?

あるデータ分析会社が拡散される話題の未来予測について、研究を始めました。

 

SNS拡散の予測研究

研究を始めたのは、ネット情報のモニタリングや分析を手掛けるワイズワークスプロジェクト(東京都中央区)。

先日、「SNSエンゲージメント分析による情報分析研究」のスタートを発表しました。

研究ではTwitterなどのSNS上で、あるテーマが将来どれくらい話題になっていくのかを予測します。

直近では、例えば2~3週間後にどんなテーマが話題になっているのかなども予測します。

SNS上で何が話題かを分析する企業はありますが、詳細な「予測」まで踏み込んだ例は珍しいようです。

 

研究方法

同社はもともと、顧客企業がネット上に出した広告やプレスリリースなどの情報がSNS上でどれだけ反響があったかを収集・分析してきました。

今回の研究では、蓄積してきたこれらの情報を分析して、特にその情報がTwitterであればどれくらい「リツイート」されたかに着目するようです。

過去の「どんなテーマがどうSNS上で話題になったか」というビッグデータを解析していくことで、未来の話題を予測していきます。

 

炎上対策にも効果

また、この研究はマーケティングだけでなく、企業の炎上対策にも役立つと見られています。

どういう話題がどれだけ拡散されるかが分かることで、例えば不祥事を起こしてしまった企業の投稿による影響が予測しやすくなるというわけです。

SNSの反響が予測出来れば、ポジティブな面とネガティブな面、両方に対して効果があるというのは面白いですね!

 

はたして、SNSで何の話題で盛り上がるのかを完全に予知できる日は来るのでしょうか?

6/15 デスクトップ版 LINEアプリに不具合

デスクトップ版 LINEアプリを利用している方で、古いバージョンを利用している方はアップデートが必要です。

Windowsのデスクトップ版 LINEアプリに脆弱性し、LINEアプリを起動した時に読み込むパスに欠陥があるため、細工されたリンクからLINEを起動すると、意図しないDLLが誤って読み込まれてしまう可能性あります。

自動的にアップデートされる仕組みですが、念のために最新版(V5.8以上)が適用されているか確認が必要です。

 

【LINEのバージョン情報を確認する方法】

①デスクトップ版 LINEアプリを起動します。

②画面左下の[設定]→[設定]をクリックし、LINEの設定画面を表示します。

③画面左側のメニューから[LINE情報]を選択します。

④画面右上に[最新バージョンです。]と表示されていれば最新版です。

 

デスクトップ版 LINEアプリ

6/14 Wordの気になる機能

ミニツールバーを使っていますか?
Word2007から登場し、文字列を選択すると現れ画面上部の「リボン」まで
マウスを動かさなくても、文字の近くでフォントの種類、サイズ、色などの
設定ができる小さなツールバー
のことです。
使い慣れれば便利な機能ですが範囲選択するたびに現れ、文字列の一部を隠してしまう為、
逆に目障りになることがあります
どうしても慣れない場合は非表示にすることができます。

 

● ミニツールバーを非表示にするには
1.Wordを起動し「ファイル」タブから「オプション」を選択。
2.「基本設定」の[選択時にミニツールバーを表示する]のチェックをはずす。
  これでミニツールバーの非表示完了です。

 

Wordの文章に行番号を表示させたいときがありませんか?

Wordには段落に番号を振る「段落番号」の機能がありますが段落ごとに
設定をするもので行ごとに番号はつけられません。

 

●行ごとに番号を振るには

1.Wordを起動しリボンから「ページレイアウト」をクリック。
 (Word2016の場合は「レイアウト」タブ)
2.「ページ設定」グループの「行番号」をクリックし、一覧から「連続番号」をクリック。
  

行番号があると「何行目にどの文章がある」とか「全体で何行ある」などすぐに確認が
できるので便利なうえ、左側余白部分に表示されるので編集の邪魔にもなりません。

 

●行番号をすべて非表示にしたいときは

「行番号」の一覧から「なし」をクリックします。

 

●特定の範囲だけに表示することもできます。

1.一度、全てに行番号を表示。
2.行番号を非表示にしたい行を選択。
3.「行番号」一覧から[現在の段落には番号を振らない]をクリック。
  これで部分的に行番号を非表示にすることができます。

 

  必要に応じて効率よくお使いください。

6/13 東京TDLから公式アプリが登場!

こんにちは!

皆さんは、東京ディズニーリゾートはお好きですか?
今年は東京ディズニーランドも開園35周年を迎え、大変盛り上がっているようです!

 

そんな中、東京ディズニーリゾートの公式アプリ「東京ディズニーリゾート・アプリ」がApp Store/Google Playストアで先行配信され、一部機能の提供を開始しています。

 

アプリでは「東京ディズニーランド」「東京ディズニーシー」のマップを自由に見ることができ、GPSの設定をオンにすることで現在位置を表示。さらにエリア内では各種施設の詳細だけでなく待ち時間がリアルタイムに表示され、ショー抽選も受け付けます。

これにより、パーク内のどこにいても直ぐに込み具合を確認出来て、とても便利ですね!

 

細かい部分では、「赤ちゃんと一緒」や「雨の日も安心」といった特徴や身長制限、他にも「車いす利用可」などから施設やショーをフィルターして表示することもできます。

 

また、ディズニーアカウントでログインすることで、チケットが購入できたり、レストランを事前に予約したり、「ディズニーアンバサダーホテル」の予約を取ることも可能です。当日はスマホでタッチして入園ができ、ホテルでもアプリを通してチェックインができます。

 

なお、これらの予約はマイページで一括管理できるので、ショーの時間やレストランの時間もアプリで確認可能です。

 

本リリースは2018年7月を予定しているそうです!!

今後はアプリ内で来園前にほぼすべてのグッズ情報をチェックし、当日にスマートフォンから購入することが可能になるなど、さらに機能が追加される予定なようなので、是非来園する予定のある方はダウンロードしてみてはいかがでしょうか!

6/12 ANAのフィーチャーフォンサイトの廃止

昨今のスマートフォンユーザーの増加や、フィーチャーフォンサイト利用者の減少などがあり、2018年6月30日でANAマイレージクラブのフィーチャーフォンサイトが廃止されるそうです。
それに伴い、NTTドコモ、SoftBank、KDDIのフィーチャーフォンをお持ちの方のANAマイレージクラブモバイルプラスの契約は、2018年6月30日で自動的に解約されるそうです。もし、契約されていた方は、一度チェックしてみた方がいいかも知れませんね。

 

現在ではスマートフォン用のアプリもありますが、国内線の空席照会・予約・購入や、運行状況の確認や、ANAマイレージモールなど、ANAをよく使っている方には便利なモバイル用サイトでした。

 

スマートフォンに移行するなど、時代の流れといってしまうとそれまでですが、フィーチャーフォンをご利用している方からすると、残念なお知らせになってしまいましたね。

 

6/11 アイフォンの歴史1

こんにちは!

みなさんは、ガラケー・スマホ・アイフォンのなかでどれを携帯していますか(‘ω’)ノ?

全部持ってる!という方もいらっしゃると思いますが、今回はそのうちのアイフォンのシリーズについて調べてみました!

!!歴代アイフォンシリーズ!!

①:アイフォン
→2007年に初代が発売され、当時は売れるわけない!という意見がとても多かったと言います(´◉◞౪◟◉)当時日本では、販売されませんでした💦

 

②:アイフォン3G
→2008年に発売されました!当時もなかなか購入に至る方は少なかったようですが、日本を含めた22か国で販売が開始されたようです!

 

③:アイフォン3GS
→2009年に発売されましたが、3Gとの違いは本体裏面のロゴマークなどががグレーかシルバーかの違いのようですが、当時はソフトバンクが独占販売をしていたことで、一気に躍進していきます!

 

④:アイフォン4
→2010年に発売されました!この型から両面が液晶という劇的変化をとげました☆その分、取り扱いは要注意です☆

 

⑤:アイフォン4S
→2011年に発売されました!アイフォン4との違いとしては、本体側面のラインの色が変化したことですが、このタイプからauでの取り扱いが始まることで、日本のアイフォンユーザーが爆発的に増えました!!


さかのぼると、歴史はまだまだ浅いのにも関わらず、人気を博していますね!!

今回はアイフォン4Sまでのご紹介ですが、次週にアイフォン5シリーズからをご紹介させて頂きます(・∀・)!!

それでは、本日はここまで(^_^)/

6/11 グーグル、AIの兵器利用を禁止する原則を発表

AIを搭載した兵器というのは、SF映画ではもはやお馴染みですね。

本体が機械であることから、災害時の救助など人が入りづらい危険地域での作業に強いです。

そういう理由から、助けられない命を助けられるようになる可能性を増やせますが、一方、破損しても人命に関わらないことから、AI兵器の戦闘地域への投入なども映画でよく描かれるテーマです。

近年のAIの急速な進化により、SF映画で警鐘を鳴らされていたことが現実になりつつあると危惧する専門家も多くいます。

 

グーグルが発表したAI使用の原則

そんな未来を避けるためには、AIの開発元が軍事利用を考えなければいいわけで、最近は複数のテクノロジー企業がAIを善良な目的に使うとの一般原則で合意しています。

先日、グーグル(Google)にも動きがありました。

米グーグルは、AIの使用に関する一連の原則を発表しました。

そのなかで、AIを「兵器」「人々の負傷を引き起こしたり直接助長したりする」技術に利用しない方針を示しました。

 

グーグルの方針

グーグルは米軍との契約をめぐり社内外から圧力を受けています。

先週には同契約を更新しない方針を示したと報じられていました。

スンダル・ピチャイCEOはブログで、「グーグルは今後、兵器にAIを使用しないものの、サイバーセキュリティーや訓練、捜索、救助など多くの他の分野で政府や軍との協力を継続する」と述べました。

 

ピチャイCEOはまた、グーグルのAI利用における原則として、

「社会に利益をもたらす」

「不当な偏見を生み出したり、強化したりすることを避ける」

「安全のために構築、試験される」

人々に対し責任を持つ」

「プライバシー・デザインの原則を組み込む」

など7項目を提示しました。

 

グーグルは今回、AI利用の一般原則に加え、さらに詳細な基準をまとめたと言えそうです。

兵器の発展にAIが利用されないことを、切に願うばかりですね・・・

1 / 16312345...102030...最後 »

ページのトップへ