オフィス奏ブログ

創立10周年を迎えて。

2020-01-17

オフィス奏は本年1月4日で創立10周年を迎えることができました。
これもひとえに、皆様方のご支援、ご協力の賜物と深く感謝申し上げます。
今後ともさらなるご支援、ご協力を賜りますよう心からお願いいたします。

2010年1月4日
1Kの6畳足らずの小さな事務所でわずか3名で個人事業としてoffice奏はスタートしました。
「経営者」でありながら、日々作業に追われる日々が続き、
十分な資金も無い中、何度も挫けそうになりながらも、
株式会社オフィス奏として法人化し、何とか10年続けてこられたのは、取引先、関係者の皆様のご支援があってのことと深く感謝いたしております。

でも何よりも10年続けてこられたのは、
教室に通ってこられる受講生の方々に、少しでもご満足していただけるようなサービスを提供するため惜しみない努力をしてくれている、社員や非常勤スタッフの皆様がいてくれたからです。
また、受講生の立場に立って、解りやすい教材を作るために、日々奮闘し頑張っている制作スタッフがいてくれたからです。
何度もぶつかり合い、喧嘩しながらでも、あきらめずに私に経営の厳しさを教えてくれる役員がいてくれたからです。

私一人では何もできない。
本当に心から感謝しています。「ありがとう」。

今までの10年を振り返ると、悔しい思いや、どうしようもなく辛かったこともありますが、
私は根っからのお気楽人間なので、「なんとかなる!」の精神で1つ1つ乗り越えてきた気がします。
10周年を迎え、教室数も10になり、これからの10年のほうが本当の勝負になっていきます。
より気を引き締め仕事に取り組んでいきます。

オフィス奏は毎月第1木曜日に全体会議を行っています。
Zoomを使って、全教室の社員と本部で1時間ほどの会議を行います。
1月は毎年恒例の「昨年の振り返り」と「今年の抱負」を一人ずつ発表してもらっています。
今回も滞りなく「それではこれで1月の全体会を終わります」と告げた際、
「オフィス奏10周年をお祝いして、社員全員から社長と取締役にお祝いを渡したいと思います」と言ってもらい、社員のみんなから可愛いブリザードフラワーを頂きました!
突然の思いもよらないみんなからのプレゼントに感極まり涙が止まりませんでした。

応接セットの机の上に大切に飾らせてもらっています。
本当にありがとう。

皆さんにお礼のメールを送った際にも書きましたが、
受講生の皆様には「この教室に来て良かったと思っていただけるサービスをしましょう」といつも話をしていますが、
私はそれに加えて社員のみなさんには「この会社で働いて良かった」と少しでも感じてもらえるような、会社経営をしていかなければと思っています。

10周年にとどまらず、20周年、30周年を迎えられるように、今後も精進していきます。

株式会社オフィス奏 代表取締役 井上栄子

第35回寒川町産業まつり出展!

2019-11-18

久々に、今回は地域イベントに参加した当社の活動レポートです。

【イベント詳細】
第35回寒川町産業まつり 令和元年11月17日(日)
会場 さむかわ中央公園
 
寒川町商工会パソコン教室として地域イベントに出展しました。

【出展内容】
ネット犯罪からみんなを守る「IT戦隊!パソレンジャー」


「マウスブルー」「モデムブラック」「タブレッド」
「ルーターグリーン」「モニターピンク」

【趣旨】
昨今、インターネットやSNSによるトラブルや犯罪が多発していることをうけ、
パソコン、タブレットなどの端末操作に関する教育サービスを行っている当社は、
かねてより教室運営する寒川町周辺に住まわれている高齢者や年配の方々、
子育て世帯にあるファミリーの方々、小中学生の子どもたちなどに向けて、
「インターネット安全クイズ」を実施し「LEDライト付スマホスタンドタッチペン」と、
「パソレンジャーカード」を配布し、犯罪防止にむけた啓発活動を行う。

【準備段階】
出展内容の企画をまつり事務局に提出後、まつり開催の数日前、私にある出来事が!

私が手にしたプログラムには、予想を超える出展者のほか、まつりの一大イベントが!

騎士竜戦隊リュウソウジャー?

ショー?(それも当日になってから1日2回公演だということを知る)

このままじゃ負けそうジャー・・・負けられんジャー・・・

 

【当日】
5人のパソレンジャーは荷物を持ち、教室から中央公園まで徒歩で意気揚々に会場入り。

出展準備のため、テントを張る人、物品を運び入れる人などの注目を浴びながら、
子どもたちや高齢者のため、とにかくコツコツ準備を進める。
(リュウソウジャーに負けたくない)

徐々に人が集まり始め、多くの来店者あり、列になって一時的に待ち時間も発生。
(ご来店いただいたみなさんありがとうございます)

ご来店いただいた方は、小学生や小さなお子さんを連れた保護者の方々をはじめ、
小学校の児童や中学校の生徒など、お友達グループのみなさんでした。

 

未就学の小さなお子さんも一生懸命マウスをもち、パソコンに触れてもらいました。
(さすがにクイズは難しい・・・「パソコンやスマホを使うときはお父さんやお母さんに許可もらってね」)

また年配の方々にもお越しいただき、パソコンの購入や学習に関する相談をいただいたり、
クイズに回答してもらうなど、幅広い年齢層の方々に立ち寄っていただきました。

「写真一緒に撮らせてください!」と、たくさんの保護者の方々におっしゃっていただき、
「みどりドコー?」と、ルーターグリーンを探してくれた小さな男の子、

「ピンク―っ!」といって、モニターピンクに抱きついて離れない小さな女の子、

「正体みせてー!マスクとれー!」とタブレッドに言うやんちゃな男の子、

「ブルーつぇぇっ!」と腕相撲をマウスブルーに挑んでくる小学生まで。

社会的な問題や、地域が課題としていることを、微力ながらに自社の課題として受け止め、
その取り組みや活動を行っていった先に、地域に根付く教室として受け入れてもらえることを願い、これからもみなさんと一緒に学んでいきたいとあらためて感じました。

次は教室でパソレンジャーと会おう!
(パソレンジャーカードをお忘れなく)

中嶋

江ノ島会談Part1

2017-04-25

長らく更新することができていなかったブログで、久々の更新となります。

4月3日、藤沢商工会議所と、寒川町商工会の職員の方々に
江ノ島を案内していただくとともに、様々な意見交換をさせてもらいました。

これまではオフィシャルなシーンでしかお話させていただいたことしかなかったのですが、
今回のような機会をもつことができ、相互理解が一層進んだように思います。

また、「おっさん4人組」と言いながら会話させていただくなかで、
ついつい童心にかえってしまうようなところもありました。

本題ですが、みなさんからお聞きしたことは、今後の教室運営に活かし、
多くの受講生の方々に通学してよかったと感じていただけるよう、
日々のサービス向上に取り組んでまいります。

今後も様々なところでお力添えください。

会談Part2、期待しています。

追伸
キティちゃんとの写真は、様々なところに波紋が生じるので、
数日間ほど悩んだ結果、今回の掲載は見送ることにしました。

中嶋

2017 新年のご挨拶

2017-01-05

新しい年を迎えるにあたり、改めてご挨拶をさせていただきます。
オフィス奏は、今年創業8年目を迎えることができました。

長期休暇は例年仕事を自宅に持ち帰り、夜な夜なパソコンに向かうことが常になっていましたが、
この年末年始は家族旅行をさせていただき、少し充実した休暇を過ごすことができました。

本日から新年の業務が開始となり、先ほどスタッフ全員がSkypeで顔合わせをし、
全体会議を行いました。
その中で、私自身の想いをお話しさせていただきましたが、年初の挨拶といっても、相変わらず同じ話しになってしまいます。
スタッフは聞き飽きているかもしれませんが、私の想いは一つです。

私たちの仕事は「サービス業」であるということ。
受講生の皆様が「この教室に通って良かった」と心からご満足していただけるような教室を作りたい。
「そのために私たちができることは何か。」
受講生の方々の反応をよく見て、何が今の教室に足りないのかを常に考えて実行するよう、日々努力を続けていきたいと思っています。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

株式会社オフィス奏 代表取締役 井上栄子

心のあり方1つ

2016-11-21

先週17日、職場に向かう途中、写真のような風景を梅田の地下街で見かけ、
その場を一旦は通り過ぎたものの、なぜかそれが気になり、元の場所に戻りました。
_20161117_120842

当然のことですが、同じ場所でも季節や時間が変われば飛び込んでくるものが変わります。
誰もが分かる当たり前のことですが、こういったことをどれだけ感じられるかということが大切なのかもしれません。

その時々で、すれ違う人々の顔ぶれは異なり、通勤途中で慌ただしく歩く会社員、騒いで笑ってはしゃぐ学生、
楽しそうに歩く子供連れの家族、あたりを見回してゆっくり歩き出す高齢者いる中に自分という人間がいて、
そうやって周囲を見てみると、地下街の喧騒の中から聞こえてくる人々の会話も様々で面白いものです。

また、暑さや寒さもその時々によって異なり、行き交う人々のファッションも季節にあわせたものになっていきます。
営業中だった店舗が休業日になると、「今日はケーキ屋の甘いにおいの勝ちだな」などと微妙なにおいの違いも感じます。
広告宣伝についても、ハロウィンのポスターがなくなり、少しの時間が見られるとクリスマスのポスターに変わっていきます。

なんとなく過ごす時間も、意識して過ごしてみると、その時々によって、違うものが広がっていることにあらためて気付かされます。

毎日同じことの繰り返しだと感じさせられるような仕事も、どこに意識を働かせるのか、

どれだけ意識するのかによって、全く違うものに感じられたり、面白さが変わってくる。

クリスマスツリーの飾り付け現場を見かけ、そんなことを考えながら会社に出勤しました…。

中嶋

「変化」と「不変」

2016-11-18

創業前(平成21年12月)から創業後2週間ほど、
まだ事務所が無かったため、
私たちは、ファーストフード店、ファミリーレストラン、
インターネットカフェなどで活動していました。

そのなかでも、カラオケBOXに転がり込んで、設置された機材のコンセントを抜き、
持ち込んだパソコンの電源をとり、そこでひたすら創業にむけた仕事をしたということや、
ミスタードーナツのカウンター席で、会社の名前をどうするか話し合ったことを
つい先日のことのように懐かしく振り返ります。

創業後、中央区の淀屋橋にある賃貸マンションの一室で約1年半ほど過ごしました。
そのマンションは、昭和58年築の古い物件で、何もなく、暗い6畳程度の空間に
所狭しとデスクを3つ押し込んで地道な活動をしていました。

地道な活動といっても、当時はただ必死だったということしか記憶に残っておらず、
創業後、半年間は売上のない状態で、あっという間に時間だけが経過しました。

昼食はというと、そのほとんどを持参する弁当でしのぐか、
弁当屋で購入する¥250のノリ弁のいずれかで、
当時の私の口癖は「背丈身丈♪背丈身丈♪」でした。

その後、現在の拠点に移転し、身をおく環境に大きな変化が訪れ、
遂行する仕事の内容にも少しずつ変化が見られるようになりました。

ワードで作成した会社の商号をA4用紙に印刷し、
クリアファイルに挟み込んでドアに貼り付けていたものは
写真のように少し変化しました。
%e8%a1%a8%e6%9c%ad %e8%a1%a8%e6%9c%ad1

細かなことまであげ出すとキリがないので、すべて割愛しますが、
様々な出来事があり、様々な想いをし、ここまでやってきました。
(この文章にこれまでの出来事や想いの10万文字をこめる)

勤務するスタッフも来年は50名前後にいたるとみていますが、
「顧客と会社のために」という想いは不変としたまま
企業努力することを継続していきたいと思います。

中嶋

末広がり

2016-11-14

「当社は7年目を迎え、ラッキー7」

このように考えてスタートした本年も残すところあと1ヵ月半となりました。

そこでふと「昨年の今頃は何をしていただろうか」と思い出してみたところ、
ある中学校から請け負った卒業記念DVD制作に明け暮れていたことを思い出しました。

何をしていても編集したBGMが頭の中でリピート再生する毎日。
妥協できず、編集しなおし、試行錯誤しながら終電を逃す日々。

多くの卒業生たちが巣立とうとする卒業式のその日までに!
制作している自身が感動して泣けてしまうような最高のものを!

cdjacet

そうして卒業式までにDVDをお届けすることができたのも、
中学校を訪問し、学年集会で講演させてもらったときに見た
数ヵ月後に高校受験をひかえた3年生、255名の目があったから。

来年、8年目を迎える当社。

高校生となったあのときの彼らに負けず、
「末広がりの八年目」となるよう
当社も邁進したいと思います。

中嶋

ふてぶてしいやつ

2016-11-04

今年2月に我が家にやってきた大阪生まれ京都育ちの「ことら」といいます。
名前の由来は、小さくともトラのように強く生きてほしいという願いをこめたことによります。

%e3%81%a1%e3%81%b3%e3%81%93%e3%81%a8%e3%82%89%ef%bc%91

生年月日は平成27年11月14日(1つ目の写真、生後3ヶ月)、性別は男子です。
性格は、やや控えめで、20cm以上ジャンプしません。
食事は、ウエットなものを好み、ドライなものを敬遠します。
趣味は、靴のにおい嗅ぎ、かめむし退治。

本人は、再来週14日に1才になりますが、温室育ちのためか、
当初の願いとは異なり、まったくトラのような強さはみられません。
%e3%81%93%e3%81%a8%e3%82%891

こんな私にも人知れず思い悩むことが多々あるなかで、
せめてよき相談相手になってくれればと思っていたところですが、
生後10ヶ月(2つ目の写真・体重5Kg)、そんなことはおかまいなしで人生を謳歌しています。

なにはともあれ、1才の誕生日おめでとう。

これからも山あり谷ありの人生ですが、
彼なりに頑張ってもらいたいと思います。

中嶋

銀婚式。

2016-07-14

私事ですが、本日7月14日は結婚記念日です。
なんと銀婚式といわれる25周年。

昨晩「明日は結婚記念日よぉ!」という私の声に、娘たち二人ともが、「パパ、よく頑張ったね。。。」と主人の背中を優しく撫でていたのがなんとも釈然としませんが、25年という日を迎えられたのも、ひとえに主人の我慢とやさしさの賜物だと、私も重々理解しております。

結婚前には「奥さんは、家にいて家事をしながら、子育てに勤しんでほしい」というのが主人の希望であったという記憶が微かにあるので、今の私を見て「こんなはずじゃなかったのに。」ときっと内心は思っているのかもしれません。

それでも、毎年結婚記念日は私の大好きなひまわりの花束を買ってきてくれる主人の優しさは、今も変わりません。

次は金婚式を二人揃って迎えられるように、お互い寄り添いながら、今まで以上に楽しく明るい毎日を重ねていけたらいいなと思っています。

井上

”きょういく”と”きょうよう”

2016-07-07

先日、八王子教室へ出向いた際、人生の先輩である80代のオシャレな女性の受講生の方とお話をする機会がありました。

女性「先生、私たち高齢者はね、”きょういく”と”きょうよう”が大切なの。」

私「そうなんですねぇ。それでパソコンを習いに来てくださっているんですね」

女性「そうなんだけど、ちょっと違うの。”きょういく”はね「教育」ではなくて、”今日行くところがある”という意味。”きょうよう”はね”今日用がある”という意味なの」

歳を重ねるごとに、家にじっとしているのではなく、「今日行くところがある」「今日は用事がある」ということで、外に出向いて、目的をもって毎日を暮らすことが大切なのだと教えてもらいました。

これは、「教養(今日 用)と教育(今日 行く)の実践」
この言葉の出典は、心理学者の多胡輝著「100歳になっても脳を元気に動かす習慣術」(日本文芸社)のようです。

最後に小声で「だからパソコンは苦手だけど、頑張って通ってるの ウフフ・・」と笑顔でお話ししてくれました。

「今日はパソコン教室に行く日だ」と、楽しみにして通ってきてくださっている受講生の皆様に、「今日は楽しかった!」「また来週パソコン教室に来よう!」と喜んでいただけるよう、スタッフ一同、今よりももっと誠心誠意、真心を込めて、受講生の方々と向き合っていかなければならないと強く思った次第です。

井上

« Older Entries
Copyright(c) 2010 Office Kanade corp. All Rights Reserved.