八王子商工会議所パソコン教室

八王子商工会議所パソコン教室

無料説明会のお申し込みはこちら

外付けHDDやUSBメモリーにパスワード設定

Windowsの上位エディション(Windows10ならProやEnterprise)では、外付けHDDやUSBメモリーにパスワードでロックをかけられます。

 

業務で使用する場合や、外部にHDDなどを持ち運ぶ必要がある場合は、盗難や紛失に備えてパスワード設定をしておくといざというときに安心です。

 

設定の仕方は、対象のストレージ上で右クリックすると「BitLockerを有効にする」というメニューがあるのでそれをクリックし、

 

 

パスワードの設定画面でパスワードを入力します。

 

 

続けて回復キーの保存、または印刷、

 

 

暗号化モード(以前のバージョンのWindowsを使用するかどうか)の設定、

 

 

暗号化の対象(ドライブ全体の暗号化または使用済みの領域のみ)の設定を経て暗号化されます。

 

 

注意点はドライブの内容によって、暗号化には時間がかかることです。

余裕のある時に設定するようにしましょう。

 

そしてロックしたドライブは、一度パスワードを入力すると継続してアクセス可能になりますが、一旦PCの電源を切る、再起動する、USBケーブルを抜いて再度接続する、などにより再度パスワードを求められるようになります。スリープでは再度パスワードを求められません。

なおパスワードを忘れてしまった場合はパスワード入力画面の「その他のオプション」から回復キーを使ってロック解除できますので、しっかり管理しておきましょう。

 

ページのトップへ