八王子商工会議所パソコン教室

八王子商工会議所パソコン教室

無料説明会のお申し込みはこちら

Amazonが「置き配」を標準化

みなさんはネットショッピングされた事はあるでしょうか?

外に出ず買い物ができて家に届くのでとても便利ですよね。

 

しかし、荷物の受け取りで「家に帰ったら不在票があった!」「荷物が来るまで家から出られない・・・」という経験をされた方も少なくないと思います。

 

そんな方々に朗報です!!

 

Amazon.co.jpが3月23日から、注文時の配送オプションである「置き配指定サービス」の提供を初期設定として開始しました。

 

「amazon 置き配」の画像検索結果

置き配とは、あらかじめ指定した場所(玄関前、置き配バッグ、宅配ボックスなど)に非対面で荷物などを届けてもらうサービスで、応対もサインも不要、配達完了は写真で知らせてくれるというもの。

 

従来の宅配とは違い、家に居なくても荷物を置いて行ってもらえるので、「出かけられない」「手が離せない」という事を気にしなくても良いというところが最大の特徴です。

 

今回の対象は一部地域を除く30都道府県で、顧客が希望を伝えない限り、在宅時も留守時も商品は玄関に届けられることになります。

 

配達場所は「玄関」のほか、「宅配ボックス」「ガスメーターボックス」「自転車のかご」「車庫」「建物内受付/管理人」から選択できるそうです。

 

このサービスは社会問題になっている、受け取り手の不在による再配達増加を食い止めることが狙い。

 

慣れないうちは、帰ったら荷物が置いてあった!!なんて驚くことになりそうですが、利用する私たちにとっても十分メリットのあるサービスですね!

「amazon 置き配」の画像検索結果

ページのトップへ