Mana-Viva 小田原箱根商工会議所パソコンスクール | 入会金・教材費無料

無料説明会のお申し込みはこちら

「情報セキュリティ白書2022」

情報処理推進機構(IPA)は7月15日、情報セキュリティに関する書籍「情報セキュリティ白書2022」を公開しました。

国内外の官民の各種データや資料を引用し、情報セキュリティ分野のトピックを240ページ以上に渡り解説しています。

IPA会員ならばアンケートに回答することで、PDFファイルを閲覧可能です。

印刷書籍版もあり、2,200円(税込)で購入できます。

 

情報セキュリティ白書はIPAが2008年から毎年発行している書籍です。

情報セキュリティに関する国内外の政策や脅威の動向、インシデントの発生状況、被害実態など定番トピックのほか、その年ならではの象徴的なトピックを紹介しています。

2022年版では「内部不正防止対策の動向」「個人情報保護法改正」「クラウドの情報セキュリティ」「中小企業に向けた情報セキュリティ支援策」「米国や欧州の政策」などのトピックも取り上げています。

 

なお読書アンケートによると情報セキュリティ白書は、「学習・自己研さん」「対策強化・予算策定などの上位者への説明資料」「新人研修・従業員教育」「所属組織の注意喚起、啓発資料」「教材、人材育成プログラム」「資格取得、試験対策」「セミナー・講演資料用」などの用途に使われているといいます。

ページのトップへ