むさし府中商工会議所パソコン教室

むさし府中商工会議所パソコン教室

無料説明会のお申し込みはこちら

IoTを使った中学校での熱中症対策

熱中症が社会問題となる中、IoTを使った熱中症対策のトライアルが吹田市の中学校行われています。

学校での体育の授業や部活動等、屋内外で運動を行う生徒は、大人よりも体格が小さく、熱中症リスクが高まると言われています。

 

そのトライアルは、吹田市、西日本電信電話株式会社(NTT西日本)、株式会社NTTフィールドテクノ、株式会社フジクラが行っており、IoTを使った熱中症対策の実証実験を、吹田市立南千里中学校で、2019年7月30日~2019年9月30日期間行っています。

(NTT西日本のプレスリリースはこちらから)

 

この実証実験では、IoT規格の1つである「LoRaWAN」を活用して収集したデータに基づき「暑さ指数」を算定し、教職員などが端末を通じてタイムリーな注意喚起を実施する新たな熱中症対策のあり方について、公立学校における実用性を検証するトライアルを実施しています。

※ちなみに暑さ指数とは、熱中症を予防することを目的として1954年にアメリカで提案された指標で、人体と外気との熱のやりとり(熱収支)に着目した指標で、人体の熱収支に与える影響の大きい <1>湿度、<2>日射・輻射(ふくしゃ)など周辺の熱環境、<3>気温の3つを取り入れた指標だそうです。

 

「暑さ指数」の算定方法は、吹田市立南千里中学校の運動場と体育館の2箇所に計測センサーを設置し、温度・湿度・輻射熱等を計測します。計測したデータは、LoRaWAN™ を通じてクラウド上に蓄積され、職員室内のPC・タブレット等から暑さ指数等を確認できるようになっていて、運動場や体育館に設置したパトランプやメールにより教職員・生徒等に対してタイムリーに注意喚起し、暑さ指数に応じた速やかな対処を促していけるそうです。

 

 

<ネットワーク・計測センサー等の構成イメージ>

 

 

<データ収集~通知(警告)までのフロー>

また今回の検証項目の1つとしてあげられているのが、暑さ指数可視化の有用性です。

これまで、教職員等が温湿度計などを確認したうえで実施していた危険度の判断を、職員室内のPC・タブレットや、運動場・体育館に設置したパトランプ、メールにより、視覚的に視える化することでタイムリーに注意喚起につなげる効果を検証します。また、暑さ指数を5段階で表示することで、暑さ指数に応じた対応の検討(未然防止等)を行います。(プレスリリースより引用)

 

そして今後は高齢者を対象とした熱中症対策などの幅広い分野に活かしていきたいとのことなので、熱中症への注意喚起の手段が増え、未然防止に繋がっていけば良いですね。

スパコン「京」運用終了

理化学研究所(神戸市)のスーパーコンピューター「京(けい)」8月16日に運用を終了しました。

データのバックアップなどを経て、8月30日にシステムを停止します。

 

1秒間に1京(1兆の1万倍)回の計算をこなすことにちなみ命名され、2012年に本格稼働して以降、複雑なシミュレーションが可能な京は、ナノテクノロジーや防災などさまざまな研究に活用されてきました。

延べ約1万1000人の研究者、200社以上の企業が使用しました。

巨大地震の揺れと津波、地殻の動きを同時に予測できるソフトウエアの開発や、台風の発生を高精度で予測する研究など防災研究を発展させました。

また、医療分野でも、心臓をコンピューター上で分子レベルで再現し、病因の解明や手術方法の選択につなげる研究など多くの成果を出し、約1300本の学術論文に貢献しました。

 

2011年にスパコンの計算速度を競うランキングで世界1位を獲得しましたが、今年6月公表のランキングで京は世界20位に後退しました。

 

2021年をめどに、後継機の次世代スパコン「富岳(ふがく)」を稼働させる予定です。

日本の科学技術の象徴は、京の100倍以上の計算能力を目指す後継機「富岳」に引き継がれます。

 

ネットで絶対に失敗しない方法

皆さんはSNSなどを利用されていますか?

 

利用されている方は、様々な投稿をされることも多いと思います。

 

ただ、きちんと気をつけて投稿しないと、最近ではネット炎上などのトラブルに巻き込まれる事も少なくないそうです。

 

そんな中、東京消費生活センターの消費生活総合サイト『東京暮らしWEB』の中で「ネットで絶対失敗しない方法!~これ『玄関』に貼れますか?~」という情報を掲載しています。

 

インターネットを活用していく中で、不要なトラブルを回避するためにも、SNSやブログの投稿を行う際には

 

・自宅の玄関に貼り出しても大丈夫か?

 

・人に見られて恥ずかしくないか?

 

・ネット上に残っても問題は起きないか?

 

といった点に注意しておく事が大切です。

 
 

恋するAI歌人

最近、テレビ番組の影響もあってか、短歌や俳句の人気が上がっているそうです。

 

そんな中、期間限定で人工知能が短歌を作ってくれるというサービスが公開されました。

 

 

『恋するAI歌人』というこのサービスは、近代女性歌人の短歌合計500首以上を学習・分析した人工知能に対し、初句(おおむね5字)を入力する事で残りの句を作成し、短歌を完成させてくれるというものです。

 

 

人工知能が作る短歌、どんな作品ができるか一度試してみてはいかがでしょうか?

 

このサービスは、9月9日までの期間限定となっていますので、試してみたい方はお早めに。

 

キーボード入力でWordの表を作成する

PCの操作にだんだん慣れてくると、できるだけマウスに手を伸ばさずキーボードの操作で解決したくなってくることでしょう。

今回は、Wordで表を作る際に「挿入」タブの「表」のボタンからではなく、キーボード入力による方法をご紹介します。

入力は簡単で、表の挿入は「+」と「-」の組み合わせで可能です。全角でも半角でも両方対応しています。

「+」が縦線、「-」が横線のイメージです。

複雑な表であればマウスを使った方が都合が良いですが、簡単な表であればこちらの方が早く作成できる場合もありますので上手く活用してみてください。

 

ちなみに表じゃなくて「+---+」と入力したかったのに・・という場合は、表が出来た後にBackSpaceを押せば文字の状態に戻せます。

パソコンも省エネしましょう!

8月になってから、35℃を超える猛暑日も珍しくなくなりました。

外を少し歩いただけでも汗が流れ出ていくようですね。

教室まで通学されるかたも、ご自宅で過ごされるかたも、

こまめに水分補給をしてお過ごしください。

 

さて、これだけ暑いとご自宅ではエアコン・扇風機・除湿器などなど・・・

特に涼しくなるための機器を多用しますので、電気代が気になるところです。

この時期は冷房機器の使用は惜しまないで欲しいのですが、

代わりに24時間使うものでないパソコンは省エネが可能です。

例えばノートパソコンなら、下記の方法が有効です。

 

通気口の清掃を行い、通気性の良い場所に設置する

パソコンには熱がこもってしまうと、

冷却のためにファンを回すことで必要以上の電力を消費してしまいます。

ホコリが溜まっていれば清掃し、涼しい場所に置いて利用しましょう。

 

機器の節電機能を活用

パソコンとエアコンの消費電力は、電源投入時が一番大きいです。

こまめに電源ON/OFFを行うかたは、必要以上の電力を使用している可能性も。

目安として、おおむね1時間以上使わないならシャットダウン(電源OFF)を実施し、

1時間以内に再利用する場合はスリープ機能を利用すると省エネとなるようです。

 
ちなみに、エアコンも1時間以内の離席ならつけっぱなしの方が良いそうです。

そのほかにも画面輝度を下げたりなど設定を見直すなど様々な事が可能です。

1つ1つの設定による影響はごくわずかなものですが、

年間で積み重ねると500円・1,000円と変わってくるものになります。

 

ぜひ、この機会にお試しください!

アップル、「Apple Card」と「Apple Cash」の商標を出願

アップルが7月16日、日本の特許庁に「Apple Card」と「Apple Cash」の商標を出願していたことが8月4日に分かりました。

 

Apple Card」はアップルが8月上旬からアメリカで展開する予定のクレジットカードサービスの名称。iPhoneと連携して「Apple Pay」から支払ったり、支払い状況を管理したりできます。また、アップル関連のポイント還元率が高く、アップル製品やサービスを購入したときは3%の還元、「Apple Pay」での支払いは2%の還元、それ以外は1%の還元率になっています。

 

Apple Cash」は「Apple Pay」の機能のひとつ個人間で送金されたお金の受取先として「Apple Cash」があり、「Apple Cash」の残高から「Apple Pay」の支払いを行うことができます

 

いずれのサービスも日本での展開は発表されていません。今回の出願が単なる商標の確保なのか、それともこれからサービスを展開するのか。便利なサービスが増えるのは歓迎する所ですし、Appleファンの期待も大きそうです。

 

WindowsとMacの違い

スマートフォンでiOSとAndroidがあるように、PCにも種類があります。有名なのがWindowsMacの2つです。ではこの2つ、何が違うかご存知でしょうか?今回はこの2つの違いについて簡単に見ていきましょう。

 

OS

大きな違いの1つとして、OSの違いがあります。

Windows → OSはMicrosoftが開発、PC本体は他社

Mac → OSはAppleが開発、PC本体もApple

 

対応しているソフト

WindowsとMacでは対応しているソフトが違います。

特に気をつけなければいけないのがMacです。MacはMacに対応したソフト(純正アプリ)を使用したり、その代替となるソフトでカバーする必要があります。

ちなみにOfficeのソフトはWindowsでもMacでも使用が可能です。互換性もあるのでWindowsで作ったファイルをMacで開くということもできます。

 

操作性

キーボードの文字列の配置やショートカットキーの使い方が異なります。例えばWindowsで「ctrl」にあたるキーは、Macだと「command」キーになります。

近年は多くのPCで「トラックパッド」と呼ばれる指で操作できるパッドがキーボードと一体になっていることが多いですが、Macはこのトラックパッドの操作性が非常に良いものになっています。Windowsではマウスを使っている人が大多数なのに対して、Macではトラックパッドだけでほぼ全ての操作を網羅できるのでマウスを使っている人をあまり見かけません。

 

製品数・価格

Windowsは①で紹介したように、PC本体はあらゆる企業が製造を行っているので価格も比較的お手頃なものが多いです。対して、MacはPC本体も自社開発をしているのでデザイン等に統一性があり価格も少し高めに設定されています。またMacはApple社から発売されている周辺機器との互換性に優れているので、既にApple製品をいくつか使っている人は更に使い勝手がよくなりそうですね。

 

以上、大きくわけて4つの違いを紹介しました。

これからパソコンを買い替える方は参考にしてみてくださいね。

LINE アップデート

LINEがバージョン9.12.0にアップデートされました。

今回のアップデートにおける最も大きな変更点は、トークルームのメニュー画面がリニューアルされたことです。

 

これまでのトークルームは、メニューバーが表示される仕様でした。

アップデート後はをタップすると、通知のオン/オフの切り替えやトークへの招待、ブロックなどがおこなえるページに切り替わります。

 

新しいトークメニュー画面から操作できるのは、以下の機能です。

通知のオン/オフ切り替え、トーク検索(キーワード検索/カレンダー検索)、メンバーの招待、ノート機能、アルバム機能、写真・動画の確認、リンクの確認、ファイルの確認、トークルームBGMの設定、イベントの作成、グループの退会(グループトークの場合)、ブロック(個別トークの場合)

 

なお、他にもLINE Keepの改善やLINEストーリーで自分が投稿したコンテンツは24時間経過しても閲覧可能、スワイプでリプライが可能、LINEアプリ内で送受信したURLをSafariで開ける機能を「LINE Labs」に追加なども今回アップデートされました。

 

『胸キュンパスワード』ランキング

パソコンだけでなく日常生活の様々な場面で必要になるパスワード、皆さんはどんなパスワードを設定していますか?

 

自分の誕生日やイニシャル・ニックネーム。好きな芸能人やキャラクタに関する情報などを設定されている方が多いようです。

 

そんな中、20~30台の独身女性を対象に調査した『胸キュンパスワード』のランキングが発表されました。

 

 

これは、男性に言われたいワード独自のアルゴリズムを用いてパスワードに設定したものです。

 

アルゴリズムとは、言われたい台詞をすべてローマ字化し、その文節の文字を集めて略語化して作る事です。

 

ランキング結果は

 

1位 KSK(結婚してください)

 

2位 NKK(なんか声が聞きたくなった)

 

3位 IOS(今俺、幸せ)

 

だそうですよ。

 

 

パスワードで一番大切な事は、他人にわかりにくく自分が覚えやすい事ですから、こういったパスワードのつけ方も悪くないのかもしれませんね。

 

皆さんも、しっかりとしたパスワード設定を心がけましょうね

 

ページのトップへ