名古屋商工会議所パソコン教室

名古屋商工会議所パソコン教室

無料説明会のお申し込みはこちら

土曜日と夜間を新しく開講しました!

名古屋商工会議所パソコン教室では、この度火・金曜日の夜間土曜日に新しく開講する運びとなりました。

下記リンクをクリックしていただくと、詳細をご確認いただけます。

土曜日や夜に教室へ通おうと考えていらっしゃる方はこの機会にぜひお問い合わせください。

 

料金・時間割

2/25 色々なメッセージツール

「メール」よりも即時性のあるメッセージツールが多様される時代です。プライベート~ビジネスまで幅広く活用されているメッセージツールをまとめてみました。

 

LINE

若者から高齢者まで幅広く使用されている国内メッセージツールの代表格です。主にスマートフォンで使用されていることが多いですが、PC版もあります。3/11の震災をきっかけに開発されたこのアプリは、メッセージが読まれると【既読】という表示がつくシステムを取り入れた元祖となります。

 

Skype

LINEが登場する以前から存在するメッセージツールです。これは主にPCでの使用が想定されていましたが、スマートフォン用のアプリ版もリリースされました。プライベートのみならず、ビジネスで使う場面も多いです。

 

ChatWork

機能としてはSkypeやLINEと大きな違いはありませんが、主にビジネスで使うことが多いです。法人用の有料プランなども用意されています。

 

Slack

このメッセージツールは主にIT系企業で導入されている傾向にあります。開発やエンジニアという業種にとっては大変使いやすく設計されており、独自にチャットをカスタマイズできる点が従来のメッセージツールと異なります。

 

以上、代表的なものを4つ紹介しました。

ビジネス向きのもの、個人利用に特化しているもの、それぞれあるので色んなチャットツールを触ってみるのもいいかもしれませんね。

2/22 ニャーニャーニャーの日

本日、2月22日は『猫の日』です。

 

1987年に猫の鳴き声の「にゃん」「にゃん」「にゃん」と日本語の「2」「2」「2」語呂合わせにちなんだもので、全国の愛猫家からの公募によって決定しました。

 

『猫の日』にちなんで“猫が遊ぶための無料アプリ”をご紹介します!

 

Game for Cats(画面上を縦横無尽に動く赤いボールをキャッチするゲームアプリ)

Pocket Pond HD(魚を捕まえるゲームアプリ)

猫ピアノ(無料) – Cat Piano Free(猫の鳴き声の音階を出せるアプリ)

猫じゃらし Free猫じゃらしで遊べるアプリ)

人猫語翻訳機(人の言葉を猫語に翻訳してくれるというアプリ)

 

まだまだたくさんあるので気になった方は探してみて下さいね。

 

ちなみに、タップされた拍子に画面に引っかき傷ができないよう保護シールなど対策が必要です。

ご注意下さい。

 

2/21 メルカリポスト

皆さん、メルカリ講座はもう受講されましたか?

 

メルカリとは、インターネット版のフリーマーケットのことで様々な人が出品している様々な商品を購入したり、自分自身が販売者となって商品を出品した入りすることができるサービスです。

 

そんなメルカリが、2023年までに全国5,000か所に『メルカリポスト』を設置すると発表しました。

 

『メルカリポスト』とは、メルカリで売れた商品を発送することができる無人投函ボックスです。

 

 

メルカリに出品したいけど、発送場所が近くにないといったユーザーの声に答え、手軽に発送できるようなサービスになっているそうですよ。

 

サービス開始は今年の夏からの予定だそうです。

2/20 パソコンから携帯にSMSを送信

パソコンから携帯にSMSを送れることをご存知ですか?

携帯からしか送信できないというように考えている方が居るかもしれませんが、実際に何通も送る場合に携帯から入力するとなると非常に手間です。そんな時にパソコンから入力できると編集が楽です。

 

また、最近はSMSは仕事でも使う方が増えていますが、携帯番号さえわかればメールアドレスを知らなくてもメッセージを送れるのが便利ですね

 

設定は簡単で、PCのスタートボタンの「スマホ同期」からマイクロソフトアカウントにサインインしてアプリ設定をすることで可能になります。

 

SMS以外にもアドレス帳や画像など色々なものが同期できますので、スマホ管理に役立ちます。

電場番号を誤って登録してしまった、あるいは番号が変わった場合、一度登録したスマホの紐づけを解除するにはマイクロソフトアカウントから解除の操作をしなければならず、スマホ同期のアプリから解除できないので気を付けましょう。

 

2/19 レジの無いコンビニ、川崎に登場!

2月26日、神奈川県川崎市にレジの無いローソンがオープンします。

 

富士通新川崎テクノロジースクエアに勤務する従業員専用の店舗としての実験店舗で、期間限定のオープンということです。

 

レジがなくてどうやって買い物するの?疑問に思いますが、このローソンでは、専用アプリに表示されたQRコードを店頭にある端末にかざして入店し、購入したい商品を手にもって店外へ出ると、事前に登録したクレジットカードで自動的に決済するというから驚き!

店内に設置されたカメラで利用者の動きを確認し、商品が置かれた棚のセンサーと合わせることで、どの商品をいくつ手にとったのかを判別して決済するそうです。

 

技術の進歩って本当に凄い!!

 

実際に運用されるようになったらすごく便利になりますね!

レジが混んでいてイライラしたり買うのやめたりなどしなくて良くなる日も近いかもしれません。

2/18 突然ですが、クイズです。

矢印の先のL字の正式名称を答えられますか?

 

 

 

 

「あ、Wordの四隅にあるアレでしょ!!!」と言える方が大半だと思います。
そう、Wordを使っていれば一度は目にしたことがある印です。
しかし、「見たことあるけど、名前までは知らない…」という方のほうが多いのではないでしょうか。

答えは、「裁ちトンボ」。
元々は印刷用語で、印刷物の四隅に置き、裁つ時の目印として使うものです。
ちなみに、なぜトンボなのかというと、上下左右の中央におくトンボ(センタートンボと呼ばれています)が十字をしており、それがトンボに似ているからだそうです。

このように普段から何気なく使っている機能、目にするアイコン等を意識して見てみると意外と面白いですよ!!!
なお、当教室では各講座でしっかりと機能の名称や役割を勉強できますので、是非、受講を決める時の参考にして頂ければと思います☆

2/17 USBとは?

USB」という言葉を聞いて、何を思い浮かべるでしょうか?

USBメモリー?充電ケーブル?マウス?などなど、色々な単語が出てくると思います。

 

USBとは「Universal Serial Bus(ユニバーサル・シリアル・バス)」の略称で、

パソコンに機器を接続するための規格名称となります。

ここまでピンと来ない方でも、下図の端子なら一度は見たことがありますよね。

 

 

パソコンを最近使い始めた方は信じられないかもしれませんが、

1996年にUSB規格が策定されるまでは、多種多様の接続規格がありました。

 

例えば、同じメーカーの機器同士でないと接続できない独自規格になっていたり、

ちょっとしたものでも、電源接続をしないと作動しない機器が多かったり、

正しい利用手順を踏まないと使えない機器が多くありました。

 

今ではUSBケーブル一本接続するだけで、ほとんどの機器が難なく動作しますし、

機器の充電にもUSB規格が利用され、形状の合う場所に接続すれば充電出来てしまうなど

利便性が大きく向上しました。

 

そんなUSBですが、データ転送速度や電流量向上のため新しい規格も出ており、

現在は大まかに7種類に分かれています。

特に、新しいスマートフォン・タブレットは新規格に移行しつつありますので、

ケーブルを購入する際は、端子形状をよく確認しましょう。

2/15 裸体の撮影をAIが検知、「自画撮り」被害を防止

トーンモバイルは、AIを活用して裸体などの撮影を防止できるスマートフォン「TONE e20」を2月20日に発売すると発表しました。

 

被写体にカメラをかざすとAIが分析し、不適切と判定した場合はアラートを発し撮影データを保存しません

全世代が対象ですが、子どもが面識の無い大人にだまされ、自分の裸を撮影して送ってしまう「自画撮り」の被害を防ぐ狙いがあります。

 

AIは裸体だけでなく、それに近い服装をしている被写体も不適切だと判断するとのこと。

その場合は、画面上に「不適切な内容のため撮像できません」とのアラートを表示。

動画・静止画ともに、ユーザーがシャッターを押しても撮影を行わず、スマートフォン本体にもクラウドサービスにもデータを保存しません。

 

初めてスマホを使うシニア世代にも適しているといいますが、子どもを守る機能を特に手厚くしており、AIが裸体の撮影を検知した場合は保護者に通報するオプション機能も用意するとのことです。

 

2/14 フィルタリングサービス

老若男女問わずスマホを多くの方が持つ時代になりましたね。
スマホを持つことで、世界の様々な情報が簡単に誰でも手に入れることができるようになりました。

 

それは、大人だけではなく、子供も同じことですよね。

 

各携帯電話会社は、青少年を有害な情報から守るための『フィルタリングサービス(あんしんフィルター)』を提供しています。

 

子供たちに見せたくない、出会い系、ギャンブル、アダルト、薬物といった有害サイトにアクセスしないようにブロックするサービスです。

 

各携帯電話会社はこれらのサービスを無料で行っています。

 

しかし、こういったサービスを利用していない方や知らない方もまだまだ多いようです。

 

そこで、一般社団法人電気通信事業者協会(TCA)フィルタリングサービスの重要性を知っていただき、利用を促進するため『名探偵コナン』とタイアップした動画を作成し、啓発活動を行っています。

この動画では、フィルタリングサービスの利用促進だけでなく、海賊版サイトの危険性などについても紹介しています。

 

子供をネットワークの危険から守るための様々なサービス。

 

皆さんもぜひ確認して利用してみてくださいね。

2/13 AI面接官全国で導入

AIを利用しての「AI面接官」を導入している企業が増えているそうです。

 

面接はスマホを利用し、企業から送付されるメールの手順に従って回答し、
面倒な手続きをする必要もなく受験者の都合に合わせて面接を行うことができるようになっています。

 

これにより、遠方の企業への採用面接を自宅などで受けることができて、地方に暮らす応募者にとっても、優秀な人材が欲しいと思う企業側にとっても、双方にメリットが得られます。

 

AI面接官を取り入れる業種は金融、福祉、大学とさまざまで、企業に合う人材を的確に判断し、入社後の配属、内定辞退を防ぎ、入社後の離職率も下がるため、社員教育などにかける
コストを上げることができます。

 

ある牛丼チェーン店では、人手不足の中、店長が応募者と面接日を調整するのが大きな負担となっていたので2018年10月に試験的に導入し19年4月から首都圏でアルバイトの採用に使っているそうです。

 

現在、AI面接官の合格率は約58%ほどですが履歴書などの書類だけで採用の決定までをするわけではありません。

AIの結果を参考に従来どおり最終面接は、人間が面接官となり面接を行うというのが基本になっています。

 

 

 

 

ページのトップへ