逗子市商工会パソコン教室

逗子市商工会パソコン教室

無料説明会のお申し込みはこちら

WindowsとMacの違い

スマートフォンでiOSとAndroidがあるように、PCにも種類があります。有名なのがWindowsMacの2つです。ではこの2つ、何が違うかご存知でしょうか?今回はこの2つの違いについて簡単に見ていきましょう。

 

OS

大きな違いの1つとして、OSの違いがあります。

Windows → OSはMicrosoftが開発、PC本体は他社

Mac → OSはAppleが開発、PC本体もApple

 

対応しているソフト

WindowsとMacでは対応しているソフトが違います。

特に気をつけなければいけないのがMacです。MacはMacに対応したソフト(純正アプリ)を使用したり、その代替となるソフトでカバーする必要があります。

ちなみにOfficeのソフトはWindowsでもMacでも使用が可能です。互換性もあるのでWindowsで作ったファイルをMacで開くということもできます。

 

操作性

キーボードの文字列の配置やショートカットキーの使い方が異なります。例えばWindowsで「ctrl」にあたるキーは、Macだと「command」キーになります。

近年は多くのPCで「トラックパッド」と呼ばれる指で操作できるパッドがキーボードと一体になっていることが多いですが、Macはこのトラックパッドの操作性が非常に良いものになっています。Windowsではマウスを使っている人が大多数なのに対して、Macではトラックパッドだけでほぼ全ての操作を網羅できるのでマウスを使っている人をあまり見かけません。

 

製品数・価格

Windowsは①で紹介したように、PC本体はあらゆる企業が製造を行っているので価格も比較的お手頃なものが多いです。対して、MacはPC本体も自社開発をしているのでデザイン等に統一性があり価格も少し高めに設定されています。またMacはApple社から発売されている周辺機器との互換性に優れているので、既にApple製品をいくつか使っている人は更に使い勝手がよくなりそうですね。

 

以上、大きくわけて4つの違いを紹介しました。

これからパソコンを買い替える方は参考にしてみてくださいね。

ページのトップへ