逗子市商工会パソコン教室

逗子市商工会パソコン教室

無料説明会のお申し込みはこちら

2段階認証をねらった偽サイトが急増中

インターネット決済などで、セキュリティーを高めるために使われる「2段階認証」をねらった偽のサイトが増えています

 

2段階認証はインターネットバンキングやネット通販などでログインする際に、
事前に登録したスマートフォンに追加の暗証番号を送るなどして本人確認をする方法で、
不正アクセスを防ぐ効果があるとして導入されています。

 

情報セキュリティー会社の調査によりますと、この「2段階認証」をねらった偽のサイトが
9月だけで94件確認され、前の月から倍以上に増えていたということです。

 

具体的な手口としては正規の金融機関などを装って、情報を盗み取る偽のサイトに誘導してIDやパスワードを盗み取り、そのうえで、スマートフォンなどに送られてきた2段階認証の暗証番号も入力するよう求めるメッセージが表示されるということです。
入力してしまうと不正に決済されるなどの被害に遭う可能性があります。

 

いつもと異なる手順で暗証番号の入力が求められるなど違和感があった場合は、
2段階認証だからと安心するのではなく、改めてサイトを確認してから入力するようにしましょう。

ページのトップへ