逗子市商工会パソコン教室

逗子市商工会パソコン教室

無料説明会のお申し込みはこちら

新Edgeブラウザ 日本向け配信は4月以降

マイクロソフト純正Webブラウザ Microsoft Edge の新バージョンを一般提供しました。

 

Windows Updateを通じた日本向け配信は4月1日以降になります。

その理由は「確定申告の影響を考慮」したためとのこと。

 

確定申告に必要なe-Taxソフトを使用するための推奨環境は、Windowsでは「Microsoft Edge」または「Internet Explorer 11」とされています。

ChromeなどのBlinkエンジンベースのWebブラウザーFirefoxサポートされていません

 

新しいMicrosoft Edgeは、これまでマイクロソフトが自社で開発していたHTMLレンダリングエンジンではなく、オープンソースの Chromiumブラウザー(Blinkエンジン)を搭載したものとなっています。

そのため Microsoft Edge の新バージョンe-Taxソフトの一部部機能が正常に作動しない恐れがあるのです。

 

なお、Windows Updateを通じた日本向け配信は4月1日以降ですが、ユーザー自身で英語版のEdge公式サイトなどからダウンロードして更新することは可能です。

 

ページのトップへ