逗子市商工会パソコン教室

逗子市商工会パソコン教室

無料説明会のお申し込みはこちら

SNSで中傷されたら・・・

SNS上での誹謗・中傷問題が頻発化しています。TVやネット上でもそれらの問題が連日報道され、対策を求める声が強まっています。

 

そのような中、総務省やIT業界で作る団体が、被害を受けた際に投稿の削除を事業者に依頼する方法など、対処の仕方を紹介する啓発サイトを開設しました。サイトは総務省と法務省、それにフェイスブックやLINEなどでつくる「ソーシャルメディア利用環境整備機構」が、共同で開設。サイトでは、心を込めてSNSを利用してほしいという趣旨から「ノーハート、ノーSNS」のことばを掲げ、SNS上で被害にあった場合の対処法などを紹介しています。具体的には、自分が見たくない投稿を表示させないようにする「ブロック」や「ミュート」の機能や、被害を受けた場合に投稿の削除を事業者に依頼する方法などを紹介しています。また、法務省のインターネット人権相談窓口のリンクも掲載されています。

 

 

ネットの心ない一言で傷つき、心を痛める方が増えています。被害を被った・被りそうな場合はこちらを参考にして対処するなど、身を守る術を知っておいた方が良いでしょう。また、自分が加害者側になってしまわないように、こういったサイトを見て意識しておくのも大事な事です。

 

(サイトURL)https://no-heart-no-sns.smaj.or.jp/

ページのトップへ